真にエンドレス

使い捨て製品の購入は、世界でますます一般的になってきています。カメラから食器、コンタクトレンズまで、比較的新しい製品を捨てることが当たり前のようになっていますが、私たちハバジットは、長期的な成果を念頭に置いています。私たちのエンジニアは、利便性と品質には密接なつながりがあると考えており、生涯長持ちする製品を開発しています。

つなぎ目のない真にエンドレスなタイミングベルトは、両端を接着したベルトに比べ通常2倍の強度を備えており、このため幅広い分野の産業で使用されています。力と精度の両方を必要とする用途では伝動ベルトが必要ですが、どんな搬送システムの成功においても、移動精度とベルトの耐久性の一致は不可欠です。

HabaSYNC®フレックスタイミングベルト(高性能シームレスベルト)は、各種ピッチで長くご利用いただいてきましたが、これまで幅のカスタマイズには対応していませんでした。利用可能な標準幅(16、25、32、または50mm)以外の幅が必要な場合、エンジニアは必要な幅にベルトをカットする必要があり、ベルト端部のコードを取り除く手間のかかる作業の後、ホットエアガンで溶かしてシーリングする必要がありました。しかし、べルト端部を均質に仕上げることは簡単ではありません。

もっと良い方法があるはず

これに応えて、ハバジットは、革新的で柔軟なスリッティングレーン技術に基づき、従来にないカスタマイズ可能な幅、均質なベルト端部を備えたフレックスタイミングベルトを提供します。スリッティングレーンは、ベルト幅を定義するばかりでなく、コードをパンチ穴が必要な任意の場所に落とすことができ、コードの間にネジを配置することさえ可能にします。

スムーズで均質なベルト端部には、ほつれたりコード素材が製品に混入するリスクがありません。ベルト端部のコードがTPU(熱可塑性ポリウレタン)で完全に被覆されているので、経年による損傷リスクが抑制され、ベルトの製品寿命を延長します。

新しいカスタマイズ可能なフレックスタイミングベルトは、スチール、ステンレス鋼、アラミドなど様々な心線素材から選択でき、食品用途での使用も可能で、タイトな乗り継ぎ時に求められる小径プーリにも対応できます。ご利用いただける最大標準幅は150mmです。

詳細情報は関連動画をご覧ください:
www.youtube.com/watch?v=dsUv1R0k9VQ

エンドレスな選択

私たちの経験上、用途に合ったベルトを選ぶことは、一般的なものから特殊なものへと移行する反復プロセスです。ピッチ、スリットレーン、色、素材、コードなど、タイミングベルトの製造に8000を超える各種オプションを用意し、エンジニアはお客様のニーズに最適なオプションを提案するために、高度に構造化されたアプローチで臨んでいます。

必要とされる最小ベルト幅は、最も厳しい要件に基づいて決定されます。最小幅の次に大きい標準幅の選択が推奨されます。だだし、この新しいプログラム可能なコードポジショニング生産プロセスにより、最も費用対効果の高い結果を得るためにベルト幅を完全に最適化することが可能になりました。

持続的な効果

ハバジットは、用途を詳細に理解し分析することが、最も困難な要件にも適合できる最適なソリューション提供の第一歩と考えています。私たちは、無くても済むような製品ではなく、より耐久性のある製品を提供することで、長期的な成果の達成に取り組みます。

Michał Lubos HabaSYNC® タイミングベルト プロダクトマネージャー

loading page

please wait...

HIGHLIGHTS / archive

HABASIT HIGHLIGHTS / select location

Habasit