偶然がもたらした幸運な発明

ひらめきの瞬間

ペニシリンの革命的発見から瞬間接着剤の驚くべき実用性まで、それらは多くの場合、非常に重要なものでありながら、歴史の中で生まれた偶然の発明なのです。高周波(RF)加熱技術も例外ではありません。

1950年代のことですが、フィリップス・エレクトロニクスの従業員が実験室で新型アンテナの実験をしていたところ、彼は自分の体が暖かくなっているのに気づきました。彼はまもなく高周波が熱を作り出していることを理解しました。

しかし会社は、製造におけるジレンマに直面するまで、この従業員による発見の重要性を認識しませんでした。フィリップスは当時、木製フレームに収められたガラススクリーンを搭載したテレビを製造していました。材料の接合には接着剤を使用する必要がありましたが、ガラスや木材は絶縁体として機能するため、その中間にある接着剤を乾燥させ、安定したテレビを完成させるのは大きな課題となっていました。対流技術は、外側の材料を燃やしたり溶かしたりすることなくガラスや木材を通過するのにはパワー不足でした。フィリップスが高周波技術を用いて実験することを決めたとき、それは世界の熱に対する理解をくつがえすほどの画期的な実験だったのです。

ゼロから始めた進歩

話は、その30年後にイタリア・フィリップスの元役員が、エンジニアであるパトリツィオ・グランド博士という人物と友情を築いた時に始まります。グランド博士は、高周波技術の研究開発のために知っておくべきことをすべて一から学びました。10年後、彼は十分な設備を保有するに至り、以来、世界で最も効率的で信頼性の高い乾燥および解凍システムを生み出した会社として名高いRF Systems社を設立しました。

「それこそが、当社が他社と異なるところなのです」と、チーフマーケティングディレクターであるアレッサンドロ・グランド氏は説明します。「当社は、最初の設計段階から技術の改善を行うことができます。仕事への情熱だけでなく、RF技術のパイオニアから受け継がれてきた能力と技術ノウハウを持っています」

家族が培った成功

アレッサンドロ氏は、文字通り会社とともに育ったため、RF Systemsについて誰よりもよく知っています。彼は、彼の父が会社を設立した、まさにその年に生まれました。

「この会社は常に私の人生の一部でした。ですから、その一部となることは私にとってとても自然なことでした」とアレッサンドロ氏は説明します。

学業を終えた彼は多国籍企業に就職し、そこで米国および中国で経験を積みました。そして2010年、彼はRF Systemsに入社しました。

彼の仕事に対する熱意は明らかです。「当社は、毎日のように新しい用途を生み出しているので、退屈なんてことはありません」と、アレッサンドロ氏は言います。「家族経営の会社であることで、リスクのある課題にも挑戦できます。経験はどのようなものであっても私たちの知識を広げ、成長を可能にします」

未来への適応

おそらく、長年にわたり同社に精通しているため、アレッサンドロ氏は非常に複雑な技術も簡単な言葉で説明します。

「使用されるのが繊維産業でも食品業界でも、この技術が作用するのは水分子のみです」と、彼は説明します。「そのため表面材料には影響しません。乾燥や解凍プロセスにおいても温度は高くなりません。水分を除去するのは分子間摩擦です」

この技術は、焼いた食品の貯蔵期間の延長から食品の解凍、さらに枕やマットレスを製造するためのラテックスの加硫工程まで、幅広い用途で活用されています。

「世界は急速に変化しています」とアレッサンドロ氏は言います。「私たちが今日使用している主な用途のいくつかは、5年前は存在すらしなかったもので、将来も新たな機会であふれていることでしょう」

正しい選択をする

Habasit社を技術分野における理想的なパートナーとして選んだのは、RF Systemsの歴史において非常に早い段階でした。そして、それ以来このパートナーシップが止まったことは一度もありません。

Habasit社のサービスと製品の品質はとても高く、一度もパートナーを変えようと思ったことはありません」と、アレッサンドロ氏は言います。「安価な製品を選ぶと、お客様は買ったことを後悔されるため、当社にとって信頼できるパートナーを持つことは常に最優先事項でした」

従業員わずか20人の家族経営の会社は、確かに正しい選択をして、年間700万ユーロの売上高を達成しているのでしょう。バリラ、フェレロ、カルゼドニア、ナイキをはじめとする、RF Systemsのお客様は、世界50か国以上に存在しています。

「当社の強みは、変化する世界の市場要件を理解し、適応し、ともに成長することでした」とアレッサンドロ氏は言います。

これには、毎日生まれ続ける新しい用途への要求に応える、継続的なイノベーションが必要となります。柔軟性のあるポリエチレンベルトからモジュラーベルトまで、耐久性があり長寿命のHabasit製品は、RF Systemsにとって欠かせない存在です。ベルトには表面に一度に最大2000ポンドの製品が乗ることも珍しくないので、大きな重量を運ぶのに十分な強度が必要です。

解凍用途に使用されるベルトの多くは食品分野に関係するため、その衛生面も最優先事項となります。Habasitは、製品ラインナップ全般にわたり、あらゆる用途向けに洗浄が容易なベルトを提供しています。

サステナブルなイノベーション

Habasit社の品質への取り組みは、RF Systemsのサステナビリティの実践によく合います。過去においては、ガスやディーゼルが業界の標準でしたが、当社は、環境を危険にさらすソリューションに満足していませんでした。同社の機械は化石燃料を一切使用せず、その代わりエネルギーの85~90%の高周波に変換するため、熱がほとんど無駄になりません。

「機械の建造においては、当社はできる限りリサイクル可能な製品を採用し、部品数も最低限に抑えるように努めています」と、アレッサンドロ氏は言います。「今日、機械の耐用期間中ほとんどの部品が交換不要であることを、当社は誇りに思っています。中には、23年以上も止めずに機械を動かし続けているお客様もいらっしゃいます」

長年の実績に基づく開発能力

RF技術は偶然の発見であったわけですが、RF Systemsの成功には偶然なものはありません。彼らの情熱と過去の経験に基づく深い知識を通して、彼らは未来への新しい道を構築しています。Habasitはその旅に喜んで加わりたいと考えています。(ST)

www.rfsystems.it
Sonja Strimitzerマーケティング担当

loading page

please wait...

HIGHLIGHTS / archive

HABASIT HIGHLIGHTS / select location

Habasit