超大型製品

コンベヤベルトの製造において、あらゆる形とサイズのご注文を頂いています。きわめて小さなものから非常に大型のものまで、ハバジットはお客様のあらゆるご要望への対応に力を注いでいます。

このようなハバジットの姿勢は、ハバジットスウェーデンが世界で最も幅が広い可能性のあるコンベヤベルトの製造を北欧のOEMから請け負うことで、近年さらに強められました。このプロジェクトは、最大幅12.2 m、最大長10 mという、並外れた独創性を必要とする非常に困難な課題を含むものでした。

各シャフトの100個を超えるスプロケット。最初の設置時には通常のスプロケットのデザインを採用しましたが、その後、スプリットスプロケットを採用しました。

多くの課題

お客様のご注文は、POM GripTopや帯電防止のFlatTop POM/Black PCを含む、2種類のM2520モジュラーベルトでした。最初のタスクは、最適なシャフトの偏向、そして駆動装置が終端部に位置するスクエアシャフトの最適なトーションをお客様と決定することでした。12 m を超えるシャフト長では、全負荷時に許容される限度をはるかに超えて曲がる可能性がありました。

このベルトは、スウェーデンのヒンドースにあるHabasit ABの現場で組み立てられましたが、12.2メートルの長さの組み立て台がなかったため、十分な生産スペースを確保するという課題がありました。その代わり、弊社のチームは一度に2メートル作成してから最後に組み合わせるという方法を開発しました。この方法を必要とした理由の一つは、ベルト全体では重すぎて運搬が困難であり、運搬時に破損する恐れがあったことです。

巨大な製品の運搬方法

ベルトの出荷時には、長さ13 mの木製の箱にベルトを収めるだけでも、ハバジット従業員15人の力が必要でした。チームワークが発揮されましたが、前例のないサイズの荷物であることにより、新たな問題が発生しました。

果たしてこのベルトを運ぶのに十分なトラックがあるのか?唯一の解決策は箱からベルトを取り出してトラックの内部に合うように折り畳むことであると、チームはすぐに気づきました。その後、製品は箱に戻され、ついにエンドユーザーのもとに出荷されました。出荷と製造に関する全部門の助けを借りても、巨大なベルトを発送する作業には丸一日かかりました。

新たなサイズのソリューション

ついにベルトが目的地に到着すると、エンジニアたちは、正確なグリップと軸の位置を確保するには、各シャフトに100個を超えるスプロケットを持つベルトをどのように調整すればいいのかという新たな課題に直面しました。

最終的に超大型ベルトの製造と運搬は実験と驚くべき発明のプロセスとなりましたが、この近年の成功ではっきりと、ハバジットはさらに高いお客様のご期待に応えられるようになったと言えましょう。(ST)

loading page

please wait...

HIGHLIGHTS / archive

HABASIT HIGHLIGHTS / select location

Habasit